2005年01月30日

無題

日中はよい天気だったが、再び寒さが戻りつつあるようだ。明日で一月も終わり、早くも二月。一年で一番寒い時期を迎える。
posted by liger-one at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

真・コンピュータ用語辞典

ネットを調べていたら、偶然このようなサイトを発見した。

真・コンピュータ用語辞典

私は知らなかったのだが、結構有名なのだろうか。書籍にもなっているらしい。

トップページの説明にあるごとく、この辞典は「コンピュータ用語界の『悪魔の辞典』を目指し」ているだけあって、各用語の説明に「毒」がすばらしく効いている。また、ここに書かれていることはコンピュータ業界だけでなく、他業界にも通用すると思われる。いやはや・・・。
posted by liger-one at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

無題

他人の言葉を自分に都合よく解釈・脚色し、些細な部分を誇張して語る人間がいる。

このようなタイプの人間は反動的な学者や政治家だけかと思ったら、思想とはまったく関係なく、案外身の回りに存在するものだということを改めて知った。このような人間とは、可能ならば、正直なところお付き合いしたくないものだ・・・。
posted by liger-one at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月25日

無題

詳細は書かないが、どうやら「単純な正義感」だけでは通用しない時代らしい。「牙は磨いておかねばならない」、そのことを改めて認識せずにはいられなかった。
posted by liger-one at 22:28| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

更新状況

更新状況
・カテゴリ「更新状況」と「Mac and Windows」を追加し、ログの一部を整理しました。
・リンクに「ディーツゲン『人間の頭脳活動の本質』」を追加しました。これはシカゴ・ブルース氏が岩波文庫版を元に入力・作成されたテキスト(抄録)です。

(メモ)
・掲示板の設置を検討中です。ただしいわゆる掲示板ではなく、ブログのプラグインを利用したものにしようと考えています。
・三浦つとむ関連の著作を中心とした読書ノートを作ろうかどうか考えています。その場合、公開はカテゴリの追加という形で行う予定です。
posted by liger-one at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週の『週刊新潮』(==)

21日の投稿でも触れたが、電車の中吊り広告のタイトルの内容が気になったので、『週刊新潮』(1月27日号)を買ってみた。そのタイトルとは、
続きを読む
posted by liger-one at 01:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

iWork'05

アップルのiWork'05の紹介ページを見たが、インターフェイスなど見た目にはなかなかよさそうな感じだ。

プレスリリースによると、iWorkはAppleWorksの後継ソフトとして位置づけられているという。複数の独立したアプリケーションで構成されているiWorkと、複数の機能を一つのアプリケーションとして統合して提供しているAppleWorksでは、厳密には同じ性格のものとはいえないのだが、アップル純正の生産性ソフトとしては初代Keynote以来の新作なので、個人的にも期待は高い。特にAppleWorksではできなかった各MS‐Office書類の読み込み・書き出しに対応しているのは大きいと思う(実は英語版のAppleWorksならWord/Excel書類が読めるようなのですが、日本語版は無理)。

現在のiWorkは、ワープロソフトの「Pages」と、プレゼンテーションソフトKeynoteの新版「Keynote2」の二つのアプリケーションから構成されているが、iLifeと同じように今後新たなソフトが追加されていくのだろう。どのようなものが追加されていくのかはわからないが、AppleWorksにあって現在のiWorkにはない「ドロー」「ペイント」「表計算」「データベース」の各機能はどうなるのか、気になるところです(ペイントに関しては、iLifeにiPhotoがあるのでフォトレタッチは可能ですが)。
posted by liger-one at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac and Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

無題

電車の『週刊新潮』の中吊り広告の内容が気になったので今週号を買ってみたのですが・・・感想は明日にします。ただ、わざわざ300円出して損したような気がしないでもありませぬ・・・(==)。
posted by liger-one at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

NHK問題とイデオロギー(続)

NHKの番組政治介入問題は、NHK側・朝日側双方の反論の応酬による泥沼化の様相を見せてきているようだ(Yahoo!ニュース−NHKの番組改変問題)。おそらく一月以降もこの問題はくすぶりつづけるだろうが、それにしても、こういう問題が起きるたびにいつも思うのですが、60年前の呪縛からいつまでたっても逃れられない・この日本という国のことを思うと、右翼でなくとも「憂い」たくなるというものです・・・(==)。
posted by liger-one at 13:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

NHK問題とイデオロギー

NHK番組介入問題で、NHKや阿部氏が朝日新聞に対して訂正を求めている。しかし、別に阿部氏や中川氏でなくとも、今の日本のイデオロギー的な状況を考えると、このようなことがあってもおかしくない話ではある。

いまや専守防衛のはずの自衛隊がイラクに駐留し、「日の丸」や「君が代」が学校で半強制的に掲揚され歌わされ、逆らえば処罰されるという時代である。反戦ビラをポスティングすれば警察に逮捕され、漫画で南京大虐殺を描けば出版社に対して非難が殺到するという時代である。戦争犯罪を主題としたNHKの番組に保守政治家の意向が反映されたとしても、おかしくない話ではある。

「支配階級の思想はどの時代にも支配的な思想である。すなわち、社会の支配的な物質的な力であるところの階級は、同時にその社会の支配的な精神的な力である。物質的生産の手段を左右する階級は、それと同時に精神的生産の手段を左右する。だから同時にまた、精神的生産の手段を欠いている人々の思想は、おおむねこの階級に服従していることになる。支配的な思想とは支配的な物質的諸関係の観念的な表現、思想としてとらえられた支配的な物質的諸関係にほかならない。したがって、まさしくその一つの階級を支配階級にするところの諸関係の観念的な表現、すなわちこの階級の支配の思想にほかならない。支配階級をかたちづくる諸個人は、とくにまた意識をももち、それゆえに思考する。したがってかれらが階級として支配し、そして歴史の一時代の全範囲を規定するかぎり、かれらがこのことを力のおよぶかぎりおこなうということ、それゆえとくにまた思考する者、思想の生産者としても支配し、彼らの時代の思想の生産と分配を統制するということ、したがってかれらの思想が時代の支配的な思想であるということは、いうまでもない。」(マルクス/エンゲルス『ドイツ・イデオロギー』、古在由重訳・岩波文庫、P66。下線部は原文では傍点)

posted by liger-one at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

認識と言語の理論 I(第一部):目次

1967(昭和42)7月、勁草書房より出版された三浦つとむの代表的著作の一つ。全三巻からなり、同年8月には第二部が出版され、1972(昭和47)7月の第三部をもって完結する。単行本以外では、「言語過程説の展開」(三浦つとむ選集(3)、1983・8月)に第一部・二部が合本されて収録されている。また2002年には新装版が出版された。本稿では第一部のみを取り上げることとする。
続きを読む
posted by liger-one at 13:52| Comment(0) | TrackBack(2) | The Tsutomu Miura Archives | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

報道の「中立性」

NHKの番組政治介入問題で、阿部氏は証人喚問には応じないという考えを示したという(共同通信)

報じられた概略を整理しておくと、安倍晋三・現自民党幹事長代理と中川昭一・現経済産業相の両氏が、特番「戦争をどう裁くか」(4回シリーズ)の第2回放映分「問われる戦時性暴力」に対し、番組放送前に彼らの「偏った内容だ」いう指摘があり、NHK幹部の指示によって番組内容を大幅に修正して放映されたということが朝日新聞などの報道により明らかにされたというのがそもそもの発端だが、現在までの報道によると安部・中川の両氏は介入の事実を否定し、当のNHKは朝日新聞の記事内容に対して抗議している。
続きを読む
posted by liger-one at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

無題

ようやく週末です。今週は祝日などの関係で日程的にも苦しかったのですが、なんとか仕事を一山超えることが出来ました。しかしその週末も、今週は全国的に天気が崩れるみたいで、所用で外出しなくてはいけないので少々面倒です。
posted by liger-one at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

ニュース2題

「真摯に学習」「愛国心」明記…教育基本法改正原案(YOMIURI ON-LINE)

「政治介入で番組内容変更」NHKプロデューサー会見(同上)
感想は余裕があれば追記したいが、いずれにせよこの国のイデオローグの現在のあり方がよくわかるように思える。ところで法律で規定をしなければ愛せないような・彼らの守ろうとする「国家」とは果たして何なのだろうか?
posted by liger-one at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

New products

アップルが新製品を立て続けに発表した。ハードでは「iPod shuffle」と「Mac mini」、ソフトでは「iWork'05」(ワープロソフトの「Pages」とプレゼンテーションソフト「Keynote2」のパッケージ)と「iLife'05」。噂では聞いていたものばかりだが、具現化されたものを見ると確かに魅力的な製品群のようだ。特徴的なのは、ニュースサイトなどで「500ドルMac」と形容されていた「Mac mini」(正確には499ドル。1.25GHz・40GBHDDモデルの価格)。G4キューブよりも小さいと思われる筐体にパワーPCG4を搭載し、消費税を入れても6万円程度で買うことができる。20年前の人たちにしてみればこれは信じがたいことかもしれない。

1/23 「無題(主にアップルについて)」を改題
posted by liger-one at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | Mac and Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

無題

また風邪がぶり返してきていて頭痛がするので今日はもう寝ます。ちなみに今日は少々思うところがありヨゼフ・ディーツゲン『人間の頭脳活動の本質』(岩波文庫)を読んでいました。ディーツゲンは唯物弁証法の三大発見者の一人(他の二人はマルクスとエンゲルス。ちなみにこの見解はエンゲルスによるものです)で、三浦つとむの師匠の一人ですが、ディーツゲンの著作についてもいづれここでとりあげるつもりです。
posted by liger-one at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

無題

三連休もあっという間に終わりです。早いものです。
posted by liger-one at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月08日

リンク追加

「青空文庫」内にあるポーの『盗まれた手紙』(佐々木直次郎訳)をリンクに追加してみました。
posted by liger-one at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 更新状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

推理小説

最近は大して読んでいないのですが、昔は推理小説を比較的よく読んでいたものです。もっとも三浦つとむは筋金入りの推理小説好きだったようで、ポオ以外にもときおり著作や論文の冒頭などに推理小説の一節を載せていますし、ポオの「盗まれた手紙」のように小説で展開されている論理をとりあげていたりします。ポオについて調べていたら推理小説のファンサイトを見つけて、そこでの作品紹介が興味深かったので、今年は暇を見つけてゆっくり推理小説を楽しみたいものです。
posted by liger-one at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無題

体調不良のため今日はもう寝ます。冬でこうも気温の差が激しいのは何とかならないものでしょうか。
posted by liger-one at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。