2004年11月23日

PowerBook1400

しばらくぶりにPowerBook1400csを立ち上げ、AppleWorks6.2でこの文章を書いてゐる(画像はアップル社HP・データシートより)。
PB1400
私は現在旧式macをいくつか所有してゐるが、PowerBook1400(以下1400)はそのうちの一つで、お気に入りの機種でもある。この機種が発表されたのが1996年の11月だといふから、すでに8年前のマシンといふことになる。

この1400は、PowerBookとしては初めてCD-ROMドライブ(6倍速)を採用した機種として知られる。ラインナップは液晶にTFTかDSTNを使つてゐるかのちがひで1400cとcsにわかれ、さらにCPUもクロック周波数のちがひで117/133/166Mhzの3種類存在した。ちなみに私の1400のCPUは、このシリーズではもつとも下位のPowerPC603e・117Mhz。このモデルだけ二次キャッシュがないので、いろいろな意味で遅い(==)。メモリも最高で64M、画像関係のソフトを動かすには荷が重い。まへもphotoshopを動かさうと、仮想メモリでしのがうとしたら、エラーの嵐にみまはれた。Adobe系のソフトは独自の仮想メモリ管理システムをもつてゐると聞いてゐたので、まあしかたないとは思ふ。

しかし、このまつたりした感じも、古いmacの風情(?)とおもへば乙なものだらう(微妙かもしれませんが)。OSはMacOS8.6を搭載してゐるが、趣味レベルで動かすレベルなら、さくさくとまではいかないものの、とりあへず問題はない(ネットサーフィンは別。IEが重すぎてまともに動かないので、今はicabを使つてゐます)。

ところで、このマシンにはユニークな点がいくつかある。
・歴代PBでも1、2を争うタッチの良さを誇る、強靱なキーボード
・メンテナンス性に優れ、キーボードをはずせば、すぐHDDやメモリにアクセスできる
・CPUがドーターカード式なので、サードパーティーの製品を使つてG3化できる。
・拡張ベイが差し替へ式なので、CD-ROMドライブ以外にフロッピーやZIP・MOドライブが使へる(ZIPやMOドライブはあれば便利だがレア。拡張ベイ用のHDDもあつたらしい)
・液晶画面の背面部分の一部が着脱式になつてをり、付属のクリアカバーなどに差し替えて外装をカスタマイズできる(これは「ブックカバー」と呼ばれ、これを採用したのは後にも先にも1400だけである。見た目をカスタマイズできる携帯の先祖?かもと密かに思つてゐる)

一方弱点としては、
・メモリの上限が64Mまで(オンボードメモリも含む)
・ビデオ性能が弱い
・PCカードをタイプ1〜3まで使えるが、ロジックボードの設計上、USBやFireWireを増設できない(デスクトップ機のPCIバスに当たるカードバスに対応してゐない)
重い(==)。毎日持ち歩けば、腕が鍛へられます(爆)(見た目にはコンパクトなのに、全体で3キロ以上あるのです・・・)

個人的にはデザイン的にもそつのない、いいマシンだと思ふのだが、G3化してOS9を積まなくては実用レベルには達しないだらう(だから趣味レベルで使つてゐます)。オフィスソフトがあればファイル閲覧に使へるが・・・AppleWorksは便利でいいソフトだが、MS-Officとファイル互換性がないので(英語版は大丈夫らしい)、別のソフトにしたいのだがOfficは高いし無駄金を使ひたくないので(一応98入れてますが)・・・誰かOS8/9用にOpenOffice.orgをビルドしてくれるといふ奇特な(?)方はいないだらうか(願望)(注)。

(注)私がビルドできればしたいものですが、あいにくプログラムの知識は皆無です(すみません)。それに、仮にビルドできたとしても、OS9対応のJAVAではバージョンが古くて、ほかのOSのやうに全機能を使ふのは、まづ無理だと思ひます(だいたい現行のOSXでさへ、ネイティブ版はまだでてませんので)。まあ・・・window版あるから別にかまはないんですが(爆)。それよりいい加減、AppleWorksの新版を出してほしいです(=^・・^=)。
posted by liger-one at 21:39| Comment(6) | TrackBack(0) | Mac and Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉ…懐かしのマシン登場ですね。
高校の科学部所属時代にプログラムの勉強のために教室にあったマシンです。うーむ、パソコンはすぐに時代についていけなくなるので愛着によってそばにおきたいという気持ちと、実用面からの乗り換えたいという気持ちがアンビバレント…。

私もいまだにPC8800(古!)…5インチフロッピー+8.5インチ外付けを所有し、ロードランナーをたまにやっています。
Posted by stmine at 2004年11月23日 23:27
stmine様

こんばんは。をを、高校に1400ですか(^^)。アップルは昔から教育業界には強いと聞きますが、当時の1400は値が張つたことでせう。ちなみに5300シリーズで最高70万(!)(TFTの5300c)だつたさうですが。

パソコン特にmacは古い機種でも愛着を持つ人が多いみたいですね。私はMSXをソニーが作ってた時代を知ってる世代ですので、MSXのほうが懐かしいですね。NECのシリーズは一時代を画したPCだけに、また独特な感じがします。
Posted by liger_one at 2004年11月23日 23:45
はじめまして。
ソニーのMSXというと、
「ひとびとの〜、Hit Bit」といってた、あれでしょうか?
わたしはハチハチではなくハチマルが最初でした。
Posted by ato at 2004年11月24日 23:10
ato様

はじめまして&こんばんは。さうです、その「Hit Bit」です。当時はデザインもかつこよい上に付属のソフトも充実してゐたので、ほしくて仕方がなかつたのですが、貧乏でしたので買へず終ひでした・・・(^^;)。

当時はパソコンといふとマニアックな感ぢでしたが、いまでは誰もがパソコンを使へる時代になつたのですから不思議なものです。
Posted by liger_one at 2004年11月24日 23:17
どうも、初めまして!
私もPowerBook1400を所有しています。
昨日、ふとPowerBookG3(Pismo)をOS9上の
iMovieで動画編集してみたんですが、OSX以前の
環境はなにもかも動作が機敏で使っていて気持ち
いいものですよね。PB1400も1400c/117と
1400cs/166を所有していて、また遊んでみようかなと
おもい検索かけていたら、このブログにたどり着きました。

どうも古いマックがすきで、インテルマックも3台所有して
いますが、一番良く使うマックはPowerBook G4/17inch
だったりします。
Posted by DCRG at 2012年03月12日 06:34
>DCRG様

こんな場末のブログに、それも約8年前の記事にコメントありがとうございます(汗)。1400は今も一応所有していますが、たしかG3化したような記憶があるものの、近年は立ち上げてもいないので、記憶が曖昧です。

ちなみに現在のメインマシンはMacBookです。今後もしオールドMacを買うとしたら、コンパクトなカラクラ2あたりでしょうか。
Posted by liger_one at 2012年03月20日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。