2007年03月16日

時枝誠記『国語学原論』が文庫化

何気なく「国語学原論」で検索をしていたら、岩波文庫のページに、時枝誠記の主著『国語学原論』の書誌情報が掲載されていた。サイトの新刊情報を見てみると、日付が「2007年3月16日」となっている。2分冊だが価格も735円(上巻)と値段も手頃になっている。

単行本の『国語学原論』は、A5版で550ページ(本文)というボリュームの大著で、古本でも3〜4000円はする本だが、三浦つとむの仕事に大きな影響を与えたこの本が、文庫で容易に手にはいるようになるのは喜ばしいことだと思う。

ちなみに『原論』には、発展編である『国語学原論・続篇』もあるのだが(ボリュームは『原論』の半分程度)、ぜひこれも文庫化してもらいたいものである。


岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/index.html

岩波書店・今月の新刊一覧
http://www.iwanami.co.jp/shinkan/index.html

(07/4/22追記)まだ下巻は手に入れていないが、上巻はすでに入手している。単行本では旧字旧かなだったが、文庫では新字新かなに改められている。宮下眞二(英語学者、『現代言語学批判』(勁草書房)の共著者の一人、故人)あたりが見たら怒り出しそうな気がするが(==;)、読みやすくなったことだけは間違いない。
posted by liger-one at 02:23| Comment(6) | TrackBack(1) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。お久しぶりです。

どこにコメントしたらよいか分からないので、ここにしたのですが…。

時枝の『国語学原論』が岩波文庫という形で復刊したようで嬉しいです。いずれ手に入れようと思います。

話はまったく変りますが、このブログにあるリンクに関して。
昨年の7月から軸足をホームページの『ことば、認識と表現のページ』から『ことば・その周辺』というブログに移しています。
よろしければリンク集のリンク先をブログの方に変更して頂けたらありがたいです。勝手なお願いだとは思いますがよろしくお願い致します。

『ことば・その周辺』
http://okrchicagob.blog4.fc2.com/
Posted by シカゴ・ブルース at 2007年03月29日 00:06
お久しぶりです。承認制に設定したかと思っていたのですが、受け入れ拒否のままになっていたようで、申し訳ありませんでした。コメントはこちらのエントリーにコピーさせていただきました。

リンク集ですが、先ほど修正させていただきました。ブログは以前から拝見させていただいておりましたが、対応が遅くなってしまいました。FC2ブログも無料なのに機能が充実していて、なかなかおもしろいですね。

取り急ぎではございますが、よろしくお願い申し上げます。
Posted by liger_one at 2007年03月29日 00:18
こんにちは。リンクをさっそく直して下さってありがとうございます。

>コメントはこちらのエントリーにコピーさせていただきました。
元コメントはどう見ても場違いなので削除なさって下さい。

>FC2ブログも無料なのに機能が充実していて、なかなかおもしろいですね。
テンプレート(index.htmに相当するもの)とcssに対する縛りがほとんどありませんので、自由度が非常に高く、けっこう好き勝手にいじっています。広告もテキストで一行程度のものをどこかに入れて置けばよいだけなので、無料ブログとしては最高のものではないかと思います(容量も大きい。記事1GB・その他画像等1GB)。利用者が増えているのも分かる気がします。



Posted by シカゴ・ブルース at 2007年03月31日 09:57
訂正です。
FC2ブログの記事容量は 1GB ではなく、無制限でした。いい加減なことを書いて失礼しました。画像等の容量は 1GB で間違いありません。
Posted by シカゴ・ブルース at 2007年04月01日 18:05
>シカゴ・ブルース様

訂正コメント、ご丁寧にどうもありがとうございました。

実は、以前FC2を含めいくつかのブログを片っ端から試したことがあるのですが、ラヴログと同じ管理システムを使っていると聞くシーザーでさえ、ラヴログのような使用感は得られませんでした(正確にはシーザーの管理システムをラヴログが流用しているので、管理画面など似てはいるものの、全てが同じというわけではないのですが)。無料版につきものの広告がどうしても外せなかったことなどや管理画面になじめなかったことなどが大きいのですが、その点FC2は、無料でありながらあれほどの自由度とサポートが提供されているのが驚きでした。改造し倒すにはおそらく今のところ最適な無料ブログの一つですね。

ところで少しだけ近況を書きますと、最近は多忙なこともあって、更新する気力が減退しております。さすがに管理(メンテナンス)はしていますが。

ニュースは一応チェックはしていますが、政治は見ているだけでうんざりするような話ばかりです。国民投票法案など「耐震偽装」ならぬ「大衆偽装法案」といっても差し支えない法案ではないでしょうか(ちなみに「大衆偽装法案」は4/1・23時現在、Googleで検索しても出てきません。私の造語です。念のため。)

書きたいトピックはいろいろありますが、その認識を文章化する気力がなかなかわきません(ブログでこんなに長く文章を書くのも久しぶりです)。とはいえ、直近では高校教科書検定での沖縄戦の強制自決表記が修正(事実上の抹殺)されるなど、新政権発足以来の右翼のやりたい放題ぶりと極右冒険主義(「極左」ではありません)は、とうてい見過ごすわけにはまいりません。愛国心の名の下に、戦争や「戦争ビジネス」がしたい連中と共倒れになるのは御免被ります。
Posted by liger_one at 2007年04月01日 23:39
こんにちは。

たびたびすみません。実は今月末をもってプロバイダを Yahoo!BB から他のところに変更しますので、ディーツゲン『人間の頭脳活動の本質』のリンク先をこれまでミラーサイトとして使っていたナスカの方にご変更下さいますようお願いいたします。リンク先のアドレスは
http://web1.nazca.co.jp/nzkchicagob/Dietzgen.html
です。よろしくお願いします。
Posted by シカゴ・ブルース at 2007年04月15日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ことばとは何か(2)――時枝誠記の言語観
Excerpt: 〔2006.11.06〕 素朴な直観は存外に真理を言い当てているものである。古来、ごく普通の人々が現に話されている言語音声を〈ことば〉あるいは〈言語〉であると考えていたことは、多..
Weblog: ことば・その周辺
Tracked: 2007-04-09 15:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。