2009年11月24日

iCal To Doの完了日はBentoで修正できる

タイトル通りただのそれだけなのだが、iPhoneアプリの「Appigo Todo」とフリーウェアの「Appigo Sync」でiCal3のTo Doを同期したところ、完了のチェックが入っていない古いデータまで同期されてしまった。どうでもいいデータは削れば済むが、問題は期限の日付は入っているのに完了のチェックをしていないもの。完了扱いにすると完了日がチェックを入れた日に固定されてしまうばかりか、期限は日付の修正ができるのに完了日は修正自体ができないことにいまさら気づいた。完了日の修正など入力ミスの時くらいだろうが、それでもTodoの完了リストに数年前のデータが表示されるのはあまり気分のいいものではない。いい方法はないかと思っていたら、買ったはいいがほぼ放置状態のFileMaker社の「Bento2」(現行は「Bento3」)がiCalのデータを読めることを思い出した。ライブラリのiCalタスクを開いて「表」表示させると、完了日も修正できることがわかる。ちなみにMac側でデータを修正して同期させようとしても上手くいかなかったので、結局iPhone側の「Appigo Todo」のデータをリセットして同期しなおした(設定>同期>詳細設定>同期化データのリセット)。それにしても、他社ソフトでデータを修正できるのなら、最初からデフォルトで修正できるようにしてもいいのでは、と思ったりもするのだが。
posted by liger-one at 00:42| Comment(1) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
HPをリンクにはっていただいております佐佐木晃彦と申します。

HPの復元とあたらしい移転先をおしらせいたします。

http://tannkyuu.web.fc2.com/index.html
Posted by 佐佐木晃彦 at 2011年02月08日 20:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。