2009年06月04日

モバイル狂時代:iPhone(1)

言わずと知れたアップル製の携帯電話。米国では2007年1月、初代モデルがスティーブ・ジョブズのプレゼンで衝撃的なデビューを飾り、日本でも昨年7月の発売日には表参道に1500人もの人が殺到し一大ブームとなった。今では実物を見たことがないという人にすら、その名は轟いている。

本体前面の大部分を占めるハーフVGA(320×480)のタッチパネル。必要最小限に絞り込まれたハードキー。OSにはMac OSXをベースにした専用OSを採用。そしてマルチタッチによるユーザーインターフェースは、それまでのタッチパネルの操作の概念を一変させた。

当初はiPodの発展形としての趣が強かったiPhoneは、「App Store」経由でのアプリケーションの追加が可能になったOS 2.0を経て小型コンピュータ然となり、さらに3月にプレビュー版が公開されたOS 3.0ではコピー&ペーストやプッシュ通知などの機能が実装されるなど、ソフトウェアの面ではユーザーが求める理想形にいよいよ近づきつつある。

来週のWWDCでは、OS 3.0に加え、スペックアップした次世代iPhoneも発表されるのではと噂されている。もっとも割賦の端末代もまだ払い終えていない既存モデルのユーザーからすれば、なんとも悩ましい話ではあるのだが。
posted by liger-one at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac and Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

2009

・新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

・年末に「2008(2)」を投稿するつもりでしたが機を逃してしまったため、日を改めて投稿するつもりです。

・久々にサイトのテンプレートなどをいじりました。修正のためとはいえ、自分のブログにこんなにアクセスしたのも久しぶりです。他のサービスには及ばないものの、LOVELOGのデザインテンプレートもブログを始めた04年当時と比べるとずいぶん増えました。ただ、基本的なサービスに大幅な変化はないので、3ペインテンプレート採用などもう少しサービスを強化してもらえないものかと思います。管理画面のインターフェイスは他のブログと比べるとそれなりに使いやすいと思うので。

・去年は6記事しか投稿しなかったことに、改めて自分でも驚きました。・・・トップページだけで記事が収まるその数の少なさに(==;)。
posted by liger-one at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

2008(1)

2008年も残すところ一週間となった。

今年は昨年以上に開店休業状態になってしまったが、言い訳をすれば、仕事などに時間をとられてブログに割ける労力が減ってしまったこと、Macを立ち上げる機会自体が減ったこと、また気力の問題も大きい。

以上のような事情もあり、実は昨年から今年にかけて、出先でもブログを更新する方法はないものかと試行錯誤を繰り返しているのだが、いまだ模索中の状態にある。

その試行錯誤の一つが携帯端末で、私もご多分に漏れず先達同様に深みにはまってしまい、不況だというのに今年はiPhoneはじめ、ずいぶんと散財する羽目になってしまった。まあ自業自得ですが(==;)。iPhoneのことは年末にでも書こうと思う。

ちなみにこの記事はソフトバンクの携帯電話「922SH」で書いた原稿をBluetooth経由でMacに送り、それに加筆修正を加えたものである。インターネットマシンならぬ文書作成マシンとしての922SHは、ケータイShoin(特に連文節変換や学習機能)や、ショートカットキーの操作性がいまいちなど、ATOKを搭載したWindows Mobile機(要カスタマイズという条件付きだが)と比べると不満点も少なくないのだが、スマートフォン的な操作性を取り入れたケータイとしては特筆ものだと思う。ただエディタ機能が中途半端な感は否めない。せっかくのフルキーボードなのだから、もう少しショートカットキーで出来ることを増やしてもいいと思う。ついでに書けば、ページのアップ・ダウンボタンはメモ帳やメーラー(編集状態)にも対応してほしいのだが。専用のキーがあるのに、いちいちソフトキーからメニューを呼び出して文頭や文末に移動することをユーザに強いるというのはどうなのだろうか?あえて好意的に解釈すれば、開発陣はこの端末での長文の編集は想定していなかったのかもしれない。あるいは単に実装し忘れただけ・・・かしら?(==;)
posted by liger-one at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

ついでながら

KDDI、HTC製スマートフォン「E30HT」投入──VGAタッチパネルにQWERTYキー搭載(ITmedia+D Mobile)

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0809/11/news073.html

 KDDIは9月11日、Windows Mobile 6.1 Professionalを搭載したHTC製のスマートフォン「E30HT」を発表した。型番に「E」を冠していることからも分かるとおり、法人向けに提供予定で、KDDIとしては初の本格的なスマートフォンとなる。発売は2009年春で、価格は未定。


・・・・・・(==)

遅すぎるわッ!!(@@+)

posted by liger-one at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac and Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iPhone

遅ればせながら。


iphone _01.jpg
posted by liger-one at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac and Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

紙copi Net


kamicopi.jpg私が「紙2001」の存在を知ったのは今から4年ほど前になる。

Webページやメモを簡単に保存し整理できるこのソフトは、かつてこのブログでも紹介したこともある。

「紙2001」は「紙copi Lite」と名を変えたのち、昨年9月をもって開発中止となってしまったが(ダウンロードは可)、有料版の「紙copi」は現在も開発が続けられており、今でも仕事で愛用している。

それらネイティブアプリに対し、先日登場した「紙copi Net」(http://kamicopi.net/)はいわゆるWebアプリである。対応ブラウザさえあればMacやLinuxでも利用できるばかりか、機能に一部制限はあるものの携帯電話やiPhone・iPod touchでも使うことができるという優れものである。簡単なアンケートに答えてユーザ名とパスワードを設定すればすぐに使うことが出来る。

Webアプリとはいえ、Macでも紙copiが使えるようになったのは感慨深い(intel MacならばParallelsのコヒーレンスモードなど仮想マシンの機能を使えばWindowsアプリをネイティブアプリのように振る舞わせることはできるが、私のiMacG5のようなPowerPC Macでは無理)。

ローカルファイルの一括取り込みは今のところWindowsにしか対応してなさそうなところや、書いたメモのバックアップ(あるいは書き出し)はどうなるのか、情報のセキュリティ面は大丈夫か?など、いくつかの疑問点はあるものの、なにしろ開始から1週間というサービスでもある(バージョンも「0.01 beta」)。それらの点は今後に期待といったところか。

ちなみにこのサービス、現時点ではWindows Mobile用のブラウザにはまだ対応していない模様で、私が持っている端末にインストールしてあるNetfront3.5(コンセプト版)ではパソコン向けページが表示されたが、描画の一部が崩れてしまった(メモの作成は可)。最新のOpera9.5ならば表示の崩れはなさそうだが、Willcom 03のような小さな画面では少々無理がありそうだ(現時点では実機がないので未確認)。※8/20追記 Netfront3.5でもログイン画面で「モバイル版」のリンクをクリックしてからログインすれば、iPhoneと同じモバイル版が利用可。こちらは表示自体は問題無い。PC版の表示の乱れはNetfrontの表示品質によるところが大きいようだ。ただモバイル版で編集しようとすると、テキストの右端折り返しが解除されてしまう。これもNetfrontの仕様だろうか?

ところで、Mozillaが提供している「Prism」というアプリを利用すると、Macでもネイティブアプリのように紙copi Netが動くとブログ「紙copi Net Blog」(http://blog.kamicopi.net/)のエントリ(「Prismを使って紙copi Netをクライアントアプリケーションのように使おう - Mac編」)に書かれていたので早速試してみたが、私のiMacG5ではブログの説明のままではうまくいかなかったので、G5でも動いた方法を記しておく。なおPrismの動作にはFirefoxが必要とのことだが、私は最新版(3.0.1)をインストールしている。また、Tiger(10.4.x)やPanther(10.3.x)、Firefox2以前のバージョンなど、他の環境や条件では一切試していないので念のため。

(1)Prismは「Mozilla wiki」内から最新版(prism-0.9.en-US.mac.dmg)ではなく旧版(prism-0.8-mac.dmg)をダウンロードする。最新版はintelのみに対応しており、ユニバーサルバイナリではないからである(https://wiki.mozilla.org/WebRunner#Old_version)。

当初はブログに書かれていたリンク先の「Mozilla Labs」内(http://labs.mozilla.com/projects/prism/)からダウンロードしたのだが、ユニバーサルバイナリでないことに気づかず、ダウンロード後にディスクイメージをマウントしたらPrismのアイコンに禁止マークがついていて、いきなりつまづいた。

(2)設定時のアプリケーション名(Name)はアルファベットのみにした。

0.8をダウンロードしたらPrismが無事インストールできたので、ブログの説明通りに設定してみたのだが、Prism自体は動くが(もちろん紙copiも)、Prismをいったん終了させると、設定時に作られたアイコンから起動させることができない(アイコンに禁止マークがつく)。パッケージ内を見て、どうも2バイト文字がうまく通らないのではないかと思われたので、Prismを再起動し改めてアプリケーション名を「kamicopi」として設定したところ、アイコンには禁止マークもつかず、起動するようになった。もしかしたら他に方法があるのかもしれないが、とりあえず使えれば十分なのでアプリ名はそのままにしてある。ちなみに0.8ではDockにWebアプリのアイコンを作る機能は実装されていない。

(3)アイコンの画像は「情報を見る」を利用して変更する。

PrismにはWebアプリのアイコン画像を指定できる機能があるようだが、これは0.8にはない機能らしい。とはいえ、アイコンはコンテキスト(右クリック)メニューの「情報を見る」を利用すれば簡単に変更できる。ブログ内のアイコンの画像を右クリックし、メニューから紙copiのアイコン画像をコピーしたら、「情報を見る」の左上にあるアイコンを選択して画像をペーストすればよい。
posted by liger-one at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac and Windows | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

謹賀新年(2)

2007年は9月以降ブログの更新が完全に滞ってしまい、書きたいことがなかったわけではないのだが、3カ月間ほぼ放置状態にしてしまった(管理はしていたが)。

政治の世界では、参院選での勝利で国民の期待を一身に背負ったはずのは民主党がどうにも冴えない。かつての偽メール問題よろしく、自民党に対して優勢な立場を得ても、必ずといっていいほど自ら墓穴を掘るようなマネをし続けるのはなぜなのだろうか? 対して自民党は「ねじれ国会」という名の「民意」に苦しんでいるが、これは安倍前首相(および彼のブレーンたち)の独善や巨大政党ゆえの傲慢が招いた当然の結末であり、「奢れる者は久しからず」という社会の弁証法性の一例に過ぎない。小泉時代にさかんに使われたコトバを使えば彼らの“自己責任”のはずなのだが、その「ねじれ国会」を「大連立」という名の大同団結(イメージ的には大政翼賛会そのものだが)で解消しようとした仕掛人の一人が、カントとニーチェに影響を受けたという渡邉恒雄氏だったというのは宜なるかなという気がしている。もっともこの程度のダイナミズム(参議院で自民党以外の政党が戦後初めて第一党となったこと)がいままで起きなかったほうが不可思議なくらいなのだが、「寄らば大樹の陰」というか、良くも悪くも日本人は“実績ある”政党が好きなのだろうか。企業が“実績のない”新技術の導入をためらうが如く、である。

ところでアップル関連の話を少しすれば、2007年はそのデザインからビジネスモデルに至るまで既存の携帯電話キャリアやメーカーの常識を覆すiPhoneの登場で幕が開き、夏から秋にかけては新生iMacやiLife/iWork、iPod touchをはじめとする新iPodファミリーの登場、そして10月には待望のMacOSX 10.5 Leopardの発売もあり、Macユーザとしてはなかなか楽しい一年だった。そして今年2008年は、iPhoneの日本展開の動向のほか、超軽量モバイルノート登場の噂もあり、ハードウェア面での新展開が期待できる年になりそうだ。iPhoneは、特にiPod touchでマルチタッチに慣れたユーザならば導入は容易いだろう。あとはキャリアや料金プランの問題になる。
posted by liger-one at 18:15| Comment(6) | TrackBack(0) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。